プロの手順
アマチュアはどんなアガリ方をしようが、それでいいと思う。ところが、プロはそうはいかない。貰った配牌をただアガるだけで手を進めていたのでは情けないと思う。そこにちゃんとした

小島武夫さんのブログ記事

前へ[ 第4回 麻雀格闘倶楽部〜雲蒸龍変冬の陣〜準決勝第二戦 ]
[ 第4回 麻雀格闘倶楽部〜雲蒸龍変冬の陣〜決勝戦 ]次へ

プロの手順

spacer

メール

spamrate Level4
spacer
spacer
アマチュアはどんなアガリ方をしようが、それでいいと思う。
ところが、プロはそうはいかない。

貰った配牌をただアガるだけで手を進めていたのでは情けないと思う。
そこにちゃんとした理由がなくてはならない。


怖いのは、後ろでみているアマチュアが、
「なんだ、プロといっても俺たちと打ち方は変わらないじゃないか。」
そう言われることである。

プロとアマチュアはここが違う、というところを見せなくては、ファンは納得がいかないだろう。
それには、ここが違うというところを見せないとならない。



例えば、

 ドラ

また点棒の動きが少ない東場であれば、
この手牌から が出てもチーして聴 牌を取らない方がいいだろう。

ドラ入りのタンヤオ、ピンフだから が 入ってリーチをかけると満貫になるのに、
をチーしたのでは2000点の安 い手になる。

たとえアガリを逃してもいいから の 方は鳴かない。
それくらいの心構えが必要である。



また、

 ドラ

このドラが上家から出たらチーして を 落としにかかる。
このような進め方は感心できない。
ドラが出たから思わず手が出たのだろう。

この手は をツモってからでもい い。
先に が入れば言うことはないが、 そうは上手くは行かないから、
やはりメンゼンで造っていくことを考えたい。

この手はドラの をツモったときに を切って聴牌に取るか、

のトイツを切ってタンヤオに切り 替えるかは、そのときの心境次第。

どう考えてもドラのチーは早計である。
仮に チーを見送って が入ればピンズの一通も狙える。




が入るとこうなるから、楽しみ が出て来る。


大事なことは、貰った配牌をただアガることでなく、
何処から狙うと手役になるか、それを考えて進めていくのがプロの手順である。


やはりプロは手役を狙うのが基本で、そこから次の手を考えるようにしたらいいのだ。

目先の安手にとらわれず、メンゼンで進めた方がいい手が出来る。



写真は、先日行った北海道の旭山動物園。








  • │2009-06-29 09:59:31│ カテゴリー:メールで届いた│ コメント(17)
  • 宛先 :
loading
小島武夫さん
お友達人数:0人
spacer
spacer

© 2017 Internet Revolution